スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと思う事。 ⑤

ある日、ある時、バンコクで


 その日私はタニヤにおりました。 私としては珍しくタニヤリカーに両替に来ていたのです。 いつもはソイ7/1の入り口に在る、 VASU で両替をするのですが、この時は仕事の関係で10万円を両替する必要が有った為に、少しでもレートの良いタニヤの酒場まで両替に来ていたのです。

 ちなみにこの”VASU”、私は普通に英語読みで”ヴァス”と読んでいたのですが、どうやら”ワス”が正しい読み方の様です。 英語読みでワスなのか、タイ語でワスなのかは判りませんが、つい先日発見しました。

 私はタニヤに来ると、まずはパッポンも含めて全ての道路をくまなく探索がてら歩きます。 これは私の 習性 なんでしょう。 ロータリーでもまずは1周しますし、ナナプラザでも1階から3階まで見てからまた1階に戻ります。 ソイカでもそうです。 最初に端まで行ってから元の位置に戻って来て、そこから再スタートします。 



スポンサーサイト

いろいろと思う事。 ④

ある日、ある時、バンコクで


つづき   →→→  このおつまみ、廻りの外国人の反応を見ていると結構面白いんですよぉ~。 


 
 外人さんはこのおつまみを見てまず最初に 怪訝 そうな顔をします。 「これは何だ?」と周りの知人らしき人に聞くのですが、当然の如く全く誰も判りません。 

 その内、近くの日本人が封を開けて食べ始めるのを見て、初めて食べ物である事に気付きます。 最初は何だと思っているんでしょうねぇ~。 パッケージは普通の"あの"亀田のあられ"的な画像なんですが、それだけでは何なのか判らないのでしょう。 そして同じ様に封を開けて、 恐る恐る 口に運びます。

 すると、大抵は何か首をかしげて変な顔をします。 外人さん達には馴染みの無い味で、カルチャーショックに近いのかも知れません。 稀にバリバリと食べている人も見掛けますが、たぶん乗り慣れている人なのか日本に在住していた人なんでしょう。

 基本的に外人さんは "海苔" を理解していません。 色が黒いので、匂いを嗅いでから食べる人もいます。 日本で滞在中に寿司とか食べていなかったんでしょうか? それともただの乗り換えで寄っただけだから、空港内の高い寿司なんか食べていないのでしょうか?

 とにかくよくは判りませんが、いつ見ていても飽きない機内の光景です。
 
 ちなみに外国の人(主に欧米人)は、何をしに成田からバンコクへ行くのでしょうか? やっぱりただの乗り換えだけなんでしょうか? 体の前と後ろに ドでかい リュックらしきものを抱えている人をよく見かけます。 大抵の場合カップルで、二人揃ってこのドでかいリュックを前後に抱えていたりします。 そして男性も女性も背がとても高いです。

 あのリュック・・・、何が入っているのでしょうか? 気にはなります。 寝袋とか入っていたりして・・・? こういったカップルは、スワンナプームからのエアポートリンク内でもよく見掛ける様な気が個人的にはしますが・・・。 

 さぁ、外人さんの”あられ”ウォッチが終わる頃、機内食が運ばれてきます。 ただこの機内食、ドリンクサービスと同じでやっぱり一番 最後 です。 しかも、2種類から選べるのが、最後尾の為に選べない場合もあります。 まぁ、これはこれで仕方が無いですね。 基本おいしいし、別に選べなくても良いので、それよりもトイレの近くの方が良いです。

 でもでも、昔乗った飛行機(いわゆるジャンボ機全盛の頃)と違って今の機内食は格段にレベルアップしている様な気がします。 まずは 暖かい です。 しかも種類も豊富です。 狭い機内ながらも機内食は楽しみの1つですねぇ~。 ビールも進むし、酔いもイイ感じで廻って来て、すっかりほろ酔い加減です。

 以前に一度、変な失敗をしました。 たまご豆腐だと思って付属のしょう油をかけたのですが、これがなんと プリン でした。。 これは口に入れた瞬間に、しょう油のしょっぱさとプリンの甘さが混在して何とも言えない味だったのを覚えています。 そのまんま、プリンにしょう油をかけた味がします。

 ただ唯一 救い だったのは、この失敗をしたのが私だけではなかった!と言う事です。 廻りの乗客の皆さんも、「わっ!何これ?プリンだよ!」とか、「私もおしょう油かけちゃった~。」なぁ~んて声が聞こえて来てました。 まぁ、そんな失敗も空の旅の良い思い出で・・・。

 食後は改めてビールを飲みながらのゆったりタイムです。 トイレのすぐ前ですから、食後でも、ビールを幾ら飲んでも、全く気にする必要は有りません。

 私は機内ではずっと音楽を聴いています。 ANAの国際線でしか聞けない、小林克也"ベストヒットUSA タイムマシン・スペシャル"や聞きたい楽曲をあらかた聞いてから映画に移ります。

 でも映画を見ていると、毎回途中で眠くなってしまうので、残念ながら途中のストーリー展開があやふやになってしまう時があります。 憶えのある所まで戻って見直す、なんて面倒な事はしたくないので、そんな時は思い切って熟睡してしまいます。

 ビールを何本も飲んで、美味しい機内食を食べて、トイレも全く気にする事無くお昼寝・・・なんて最高の 贅沢 なんでしょうか!!

 お昼寝の後・・・、ふと周りを見渡すと、家族連れや女性同士のグループ等の多様な乗客の中に、やっぱりいましたいました! 顔に”目当てです!”って書いて有る様なおじさん達の一団が・・・。

 男だけの数名でバンコクって、やっぱり目的は ひとつ ですよねぇ~。 中には堂々と、バンコク " 通 " 達の愛読書”Gダイアリー”を読んで予習に余念が無い強者もおります。 周りの目とかって気にならないんですかねぇ~?

 あの、「男だけでバンコク」って、見てて判り易いですよねぇ~。 脂ぎってて いかにも! ってな人ばかりで、「この人達、日本じゃ全然モテないんだろうなぁ~。」って思わせてくれるのに十分過ぎる人達ですよねぇ~。

 まぁ、その人達から見たら私もそういう風に見られているんでしょうが・・・。 思いっきり自分を棚に上げての発言でしたね。。

 そんな感じで寝たり起きたり、トイレに行ったり、音楽を聴いて映画を見て、ビールを飲んでエコノミークラスでゆったりと?至福の時間を過ごしております。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】


 ソチオリンピックももう終盤ですね。 浅田真央選手、残念だった様なこれで良かった様な、微妙な心境です。 相変わらず韓国ではヨナフィーバーの余波で揉めてますし、ジャッジの裁定に納得が行かないとかで、今度署名を集めるそうです。 

 これでもし浅田真央が金メダルでキム・ヨナが銀メダルなんかだったりしたら? それこそ韓国が更に国を挙げての"反日"全開だったかも知れません。 まぁ、反日はいつも通りって気もしますが、とにかく煩いですねぇ。

 でもやっぱり浅田真央はスゴイです。 メダルなんて全く関係無いレベルで最高の演技をしてくれました。 メダル以上の感動を与えてくれたのではないでしょうか?

 キム・ヨナも可哀相ですよね。 金メダル至上主義でいつも自国のメディアに振り回されて、国民の望む、納得してもらえる様な結果を常に求められて来たのですから・・・。

 4年後は韓国での開催。 どうなることやら・・・。。


いろいろと思う事。 ③

ある日、ある時、バンコクで


つづき   →→→ 何はともあれまずは出発です。



 私のお気に入りの航空会社は ANA です。 マイルもANAのみで貯めています。 ちなみに今までのフライト利用でJALを使った事は一度も有りません。 JALは一度会社更生法の適用を申請し、その後、直ちに企業再生支援機構が支援を決定して現在まで至っている経緯があります。

 その中でOB達の高過ぎる企業年金問題等も明らかになりました。 テレビのニュースやワイドショーではいつも通りの大騒ぎをしていましたが、つまりは自らの放漫経営で行き詰って倒産を余儀なくされ、国に泣き付いて支援をしてもらったと言う事に他なりません。

 まぁ、倒産させてしまうにはあまりにも影響が大き過ぎるから支援機構が支援をするのは止むを得ない事なのでしょうが・・・。 しかも第2ターミナルはJAL国際線の発着専用になっているから、JALが撤退なんかしたら第2ターミナルが空いちゃうかも!?。な~んて事にもなり兼ねません。 なのでANA専用の私は第2ターミナルからバンコクへ行った事は有りません。 

 そんな中だからか、ANAにはとても気概を感じます。 だから応援したくていつもANAに乗っちゃうのかも?です。 ANAの国際線は大好きです。 何と言うか、機内に入った時の"匂い"って判ります? 飛行機の香り?、と言うか、何かとてもワクワクさせてくれる様な 高揚感 を感じさせてくれる"香り"というか・・・。 乗った瞬間に「あ~、ANAの機材の匂いだぁ~。」って感じの匂いです。

 あと、あの機内で流れているANAのBGM。 あれもイイですよねぇ~(私だけ!?)。 あれも聞き慣れたせいか、あのゆったりとした音楽を聞いてシートに座っていると、何とも優雅な気分に浸れちゃいます(やっぱり私だけ!?)。

 離陸までのちょっとした間なんですが、目を閉じて聞いているだけで心豊かに、「あ~、これから離陸だぁ~。 ゆっくりビールでも飲んで、音楽や映画を堪能して、更にお昼寝も出来る~。 携帯も来ないし、バンコクも楽しみ~。」って感じになります。

 たま~に止む無くコードシェア便で タイ航空 を使いますが、映画や音楽を楽しめる目の前の画面がANAのスカイチャンネルとは使い方や番組が違うので、やはりANAのスカイチャンネルの方が良いですねぇ~。 コードシェア便のタイ航空だとマイレージも貯まらないし。

 でもとにかく、機内に乗った瞬間から一気に楽しくなって来てしまいます。 でもこれは皆様同じなんでしょうねぇ~。

 私はいつも乗る席が決まっています。 最後列のトイレの目の前の席です。 しかも両窓側の列では無く、真ん中の列で通路すぐ脇の席です。 窓際を取った所で空の景色は成層圏まで来ると全部一緒だし、どうせ映画を見たり寝たりするから逆に窓際じゃない方が便利だからです。

 それに私はトイレが近いので、とにかくトイレのそばの席を確保します。 ちなみに真ん中の列で、しかもど真ん中の席だとトイレに行くにも一苦労です。 隣の人が寝ていたりすると 最悪 です。 トイレに行くのに 起こさない様 に、狭い機内で隣の人の座席をまたいで行かなければなりませんが、これはかなりの至難の業です。

 なので誰の干渉も受けずにすぐにトイレに行けて、しかも後ろの人がいないのでゆったりとリクライニングが出来る、あの席しか無いのです。 ネットで予約をする際に座席まで取れるなんて、まったく便利な世の中になったものです。

 離陸後、水平飛行に移ってからANAでは暖かいおしぼりのサービスがあります。 このおしぼり、 良い匂い がするんです。 このおしぼりで顔や手を拭き、しばらくするとドリンクサービスが始まります。

 でもでも、一番後ろの席なので飲み物を入手出来るまでに時間が掛かるのが難点です。 まぁ、なおさら最初の一口が美味しい訳ですが・・・。 ビール党の私はほぼビールしか飲みません。 しかも普段ではめったにお目に掛かれないサントリーのプレミアムビール ”プレモル” から始めます。

 あまり飲み歩く事も無く、家でも発泡酒や第3のビール等を飲んでいるので、プレモルの飲める機会はそうそう有りません。 なので、飛行機代の元を取る位の勢いでここぞとばかりに飲みます。 やっぱり我ながら 貧乏性 ですよねぇ~。

 でも、バンコクへ向かう飛行機の中で飲むビールは 格別 です!! 東南アジアのけだるい暑さの中で飲むビールも美味しいですが、まずは機内で飲む日本のビールは本当に美味しいです。

 プレモルからアサヒのスーパードライやサッポロ生、キリン一番絞り等、まずは全種類制覇から始め、その後はまたプレモルに戻ります。 スチュワーデスさん(古っ!!)、いや、キャビンアテンダントさんが通った時に頃合いを図りながらもらいます。

 プラスチックのカップも一緒に貰うので、これに  を入れてもらいます。 廻りの日本人は、「氷入りのカップにビールを入れて飲む変わった人。」と思っているのかも知れません。 でも、ご存知の通りバンコクを始め東南アジアでは普通の飲み方ですし、すっかりと慣れた今では家でもこの飲み方で飲んじゃいます。

 ANAではビールと一緒に "おつまみ" をくれます。 このおつまみ、私は結構好きです。 小袋に入ったあられ等の米菓子なんですが、食事提供までの間のアペタイザー?的な位置付けで、食前酒?のビールと一緒に食べるとビールが進み、とてもおいしいです。 

 このおつまみ、廻りの外国人の反応が見ていると結構面白いんですよぉ~。 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】



 皆様、すっかりご無沙汰をしてしまいまして申し訳有りませんでしたm(__)m。 そうです。 ご想像通りバンコクへ行っておりました。。 選挙の影響なんて全く気にする事も無く、いつも通り行って参りました。 でもでも、少し行かないだけでもちょっとずつ変わってるんですよねぇ~。

 ナナプラザは閉店改装中だった私のお気に入りゴーゴーバーのひとつ、Gスポットが新装開店?をする寸前でした。。本当は営業していたのかもしれないけど、知ってる嬢や給仕嬢が居なかったし、前を通り過ぎて中の様子を見ただけで終わってしまいました。 なんかコヨーティらしき嬢がいたので、ナナには少し場違いな感じがして気後れしてしまったのです(えへっ)。

 「ソイカみたいになったらイヤだなぁ~っ。」て本当に思います。 それでなくても段々と時代に合わせて変わって来ているのに。 最近レディースドリンクも値上がりした様に個人的には感じます。 酔ってる時って気前が良くなってダメですねぇ~。 散財しちゃうから次回から〆て行かないと!!



いろいろと思う事。 ②

ある日、ある時、バンコクで


つづき   →→→  無事に嬢へのプレゼントが入ったビニール袋も入手し、これからやっと出発です。


 この時のフライトスケジュールは飛行機の離発着の関係でバンコクへの出発が 16:00 頃でした。 10:00頃には既に成田に着いていたので、出発までの時間、成田の国際線出発ロビーで暇を持て余した事を覚えています。

 あんまり  だったので、まずは端から端まで往復をしてみました。 次に真ん中辺りから折れてマクドナルドの方面へ歩き、歩く歩道 を何度も通過して最後まで到達後に今来た道を戻りました。 その後にバカ高いラーメンを食べてビールを飲み、イスに座って昼寝をしたりしていました。 

 その後にまた散歩がてら端まで歩き、今度は 地下 に下りて誰も居ないとてつもなく長い通路を反対側の端に向けて歩いたりしました。 この通路、何かあった場合に多くの人々が逃げ込める様になっている非常用通路なんでしょうが、とにかく幅広くて長いです。 1km くらい有るかも・・・。 行った事有る人って居ますかぁ~? 今思えば結構貴重な体験だったかもです。

 すれ違う人もほぼいない道をかなり長距離歩って、やっと端まで到着しました。 エスカレーターを昇ってやっと元居た免税店が立ち並ぶロビーまで戻って来た時、なんと天井のスピーカーから 地震速報 のあのイヤなメロディーが流れて来たのです。 私は驚いて太い柱の影に隠れたのですが、その後いくら待っても地震は来ませんでした。。 あの地震速報は一体何だったのでしょう?

 でも不謹慎ながら見てて面白かったのは、あのメロディーが流れた瞬間、日本人と思しき人は全員身構えたり物陰に隠れたりといった避難行動を取ったのですが、事情を知らない 外国人 と思しき人々ほぼ全員が何事も無かったかの様に普通に歩いていたのです。

 当然日本人には”あのメロディ”が何を意味するのかを知っています。 しかし、外国人が判らないのは当たり前なんですが、日本人の防災意識の高さ、と言うよりは、逆に「異国で災害に遭う事の怖さ」を思い知らされた様な気がします。 海外にもああ言う地震速報みたいな、何か旅行者等に注意を喚起する様なメロディ等は有るんでしょうかねぇ~。

 紆余曲折は有りましたがその後、かなり早かったのですが全く何もやる事がなかったので、出発ゲートへと向かいイスに深く腰掛けておりました。 廻りはほとんど人もいなく、閑散 としていました。 出発3時間も前ですから当たり前かもですねぇ~。

 少しウトウトとしかけた時、不意に隣の隣に座っていた 初老 の男性が話し掛けて来ました。

男性 「どこから来たの?」

私  「?!、○○からです・・・。」

男性 「ふーん。」

私  「・・・。」  

会話が続きません。。上滑り気味です。。

男性  「じゃぁ、私がアマゾンに行った時の事でもお話ししようかぁ。」

 なんとこのおじさん、話し相手を求めていただけなのか、自分がブラジルのアマゾン川へ行った時の出来事を突然話し始めてくれました。 このおじさん、カウボーイみたいな服を着てサングラスを掛けているので、パッと見はそんなに初老には見えないのですが、 口ヒゲ が真っ白なので初老?と判断をしていました。

 話しによると、このおじさん、約10年程前に初めてアマゾン川へ行ったそうです。 その時の目的は”釣り”だったとの事で、お仲間と二人で行ったそうです。 英語が多少堪能だったという事で、ホテルにチェックインした後、現地ガイドも付けずにそのままアマゾン川へ釣りに行ったそうです。

 そこの川べりに "偶然" 居たボート乗りと交渉してピラルクー釣りへ出掛けたとの事。 ただ出発前に、ボートの周りにいた人達からは釣りに行くのを 何故か? 止められたそうですが、意にも介さず釣りたい一心で出発したそうです。 まぁ、お察しの通り、後から”何故に止めたのか?”が明らかになる訳ですが・・・。

 出発後しばらく行った所で停船、どうやらポイントに着いた様です。 おじさんとお仲間はそこで釣りを始めました。 もちろん ルアー です。 最初の数時間はそこそこ大きなナマズが釣れてはいたそうですが、二人は本命のピラルクーを求めて何度かポイントを変えたとの事です。 何度目か移動を繰り返した後、やっとお仲間の竿にヒット! 今までに無い大物具合から、「ピラルクーだっ!」と確信したそうです。 ピラルクーですから、当然2~3mは有ります。 竿も グイグイ としなります! リールを巻くのもままならない位で、どんどん引き込まれるのを耐えるだけで精一杯の状況です。

 そんな中、ボート乗りが 「S%G&#=~$!!」 って叫びました。 何を言っているのか判らなかったのでもう一度尋ねて見ると、「ポロロッカだ-っ!!!」って叫んでいたそうです。 下流を見ると、確かに何故か横一線に 白波 が立っているのが見えたとの事で、ようやく事態を理解したそうです。 そうです。今日はポロロッカが発生する日だったのです。

 その後は無我夢中で仲間の釣りをサポートしたり、押し寄せるポロロッカにサーフィンの様にジャンプして立ち向かったりと、おじさんは身振り手振りで白熱気味に説明をしてくれました。 最終的に大物のピラルクーを釣り上げた時には 感無量 だったそうです。

 途中で  が乗っちゃったんでしょう。 たぶん途中までは本当の事だったんでしょうが、その先は信憑性に掛ける内容になっちゃって、ついでに引っ込みも付かなくなっちゃって、更に尾ひれ葉ひれも付いて、突っ走った武勇伝になってしまいました。 話し自体は面白かったので、 フィクション として聞くと楽しめたのかも知れません。

 この他、同じくアマゾン川で ワニ と格闘した話しが出て来るのですが、既にどこまで本当の話しなのかが全く不明なので、ここでは割愛します。 でも本人は楽しそうに自己陶酔していましたが・・・。
 
 長い長い待ち時間の後、やっと出発です。 いつも思うのですが、成田発バンコク行きの便には多くの白人さんが乗り込みます。 成田でトランジットしてバンコクへ向かうのか、それともバンコクでトランジットしてどこかへ行くのか、よく判りません。

 我々日本人が香港や韓国の仁川経由で第三国へ向かう様なもんなんでしょうか? やっぱりよく判りませんねぇ~。 何はともあれまずは出発です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】


 ニャルモットさんと、ともぞうさんからコメントを頂きました。ありがとうございます。 ニャルモットさんは今度のゴールデンウィークにチェンマイとバンコクへ行かれるとの事、今からとても楽しみですね。 それまでにはタイの騒乱も収まっていると思いますので、いっぱい楽しめると思いますよ~。

 ともぞうさんはなんと、先日当ブログでアップしたウォンウェイヤイロータリーへ行ったとの事。 夕方だったので嬢の姿は見られなかったそうですが、ともぞうさんの行動力に脱帽です! 下見はOK!と言う事で、次回は実践編を楽しみにしております。 是非とも私の経験を踏み台にして下さいませ!!

いろいろと思う事。 ①

ある日、ある時、バンコクで


 私は地方に在住しているので、バンコクへ行く時にはいつも 成田 経由で向います。 私の住んでいる所から直行便が有ると良いのですが、未だにそんな 気配 すら有りません。。 福岡や大阪がうらやましいです。 そんな中、今日も朝早くに家を出て、車で一路地方空港へ・・・。

  30分程で空港に到着。 車を空港駐車場に停めて、係の人に車のカギを渡して、いつもの様に名前や帰国日等を告げてマイクロバスで空港まで送ってもらいます。 搭乗手続き後、国内線出発ロビーで少し待って成田便に搭乗。 成田便はよほどの事が無いと運休しないので、とても便利です。

 成田に到着するとバスに乗り換えて第一ターミナルへ。 到着後、入り口の自動ドアを入ると、目の前にはガラスで仕切られた国内線の出発ロビーが見えます。 帰りはいつもこの出発ロビーから自宅の在る地方都市へ出発しますので、行きにここを見るたびに、「あ~、今は行きだから良いけど、今回帰国の時にこのロビーに着いた時にはどんな気持ちなのかなぁ~?」って、行く前から少し ブルー になります。 帰りっていつも「楽しかったなぁ~!」では無くて、「あ~、もう現実の世界に引き戻されるのかぁ。 今度はいつ来れるのかなぁ~?」と、とても残念な気分に陥ってしまい、このロビーで結構落ち込んで沈んだ顔をしています。 どうせまたすぐ、遅くても2~3ヶ月後には行くのに、です。 でも、そんな2~3ヶ月でも待ち遠しいんですよねぇ~。

 でもこの国内線出発ロビー、唯一の楽しみが有ります。 それは” そば を食べる事”です。 少々高いのですが、今までずっとタイ料理やカンボジア料理を食べてきたので、とても日本のそばがおいしく感じられるのです。 もちろん現地でも日本料理を食べますが、いや、実際にはかなりの確立で居酒屋等で食べますが、やはり帰国時に食べるここのそばは外せません。

 第一ターミナルに到着後、そこから2階に上がって国際線乗り換え口に向いますが、私は以前、ここで 大失態 を犯した事があります。 聞けばそれ程でも無いんでしょうが、空港職員に言わせると「 初めて 」の出来事!だそうです。

 その日私は普通にボディーチェックと手荷物検査を終えて、パスポート片手に出国審査へと向かいました。 誰も並んでいなかったのでとてもスムーズに出国審査を終えて、晴れて広々とした成田空港国際線出発ロビーに入りました。 私はこの瞬間がとても好きです。 「あ~、これからやっと出発だぁ~。 楽しみだなぁ~。 今回はどんな出会いがあるんだろう? いつものあの嬢達にもいっぱい会えるなぁ~。 とにかく楽しみ~。」ってな感じで、 開放感 満タンです。

 その後私はトイレに行きたくなり近くのトイレに入りました。  んが 、そこで私は "はた" と気付きます。 「あれ? さっきまで手に持っていたビニール袋がないぞ?」。 そぉ~なんです。 バスから降りた時には持っていたビニール袋が見当たらないんですよねぇ~。 このビニール袋には、嬢に渡す為の プレゼント が入っていたので、この時は結構焦りました。

 私は自分の行動をよくよく思い返して見ると・・・、手荷物検査のエックス線照射の後ビニール袋を持って来て無かった事に気付きました。 自分のベルトを締めたり財布や携帯等をポケットにしまう事に気を取られて、すっかり自分が持って来た手荷物を忘れていたんですねぇ。

 私は慌てて今来た道を戻り、さっき私が通って来た自動ドア前までやって来たのですが、この自動ドア、一方通行で、反対側からは入れない様な仕組みになっていたんですねぇ~。

 私がそんなこんなで悩んでいた時、自動ドアがすっと開き、中から人が出て来ました。 私は「今だっ!!」とその自動ドアから入りました。 空港の安全面からはかなり問題のある行動だったかも知れませんが、自動ドアをまだ出ていなかった事にしてさっき私のパスポートを見てくれた人に事情を話してみました。

 すると、 頑丈 そうな強化プラスチックの囲いの中で座っていた係の人は、その重そうな腰を上げて外に出て来てくれました。 パスポートのハンコを押す人がそこから出て来るって、すごく違和感が有ったのを覚えています。

 すると係の人は私にパスポートコントロールの中に入らない様に指示をしてから手荷物検査の人に話しをしに行きました。 少し離れた場所に居た私は少しドキドキしながら事の流れを見守っておりました。

 手荷物検査の人の身振りで、”あ~判った!”みたいな反応をした後、エックス線照射マシンの下から私の 見慣れた ビニール袋を出してパスポートハンコ押し係の人に渡すのが見えました。

 私はホッとして係りの人がこっちに来るのを待ちました。 係りの人は、「パスポートコントロールを越えてからの手荷物の忘れ物は初めてですよ。」と言いながら私にビニール袋を手渡してくれました。 私は恥ずかしいやら他の人の視線が気になるやらで、一刻も早くその場を立ち去りたい心境でした。

 無事に嬢へのプレゼントが入ったビニール袋も入手し、これからやっと出発です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】



 AKB48ってすごい人気ですよねぇ~。 私は大好きです。 あんなにカワイイ娘達がそばにいたらすっごい”ドキドキ”しますよねぇ~。 でもでも、世の中って不思議なもので、AKBが"嫌い"な人もいるんですよねぇ~。 ネットを斜め読みしていると、必ずと言っていいほどAKBの話題に"ケチ"を付ける、いわゆる"アンチAKB"とやらが居るんですねぇ~。 ひどい言葉を並べて口汚く罵るって、私には考えられませ~ん。 何が気に入らないんでしょうかね? 全く理解出来ませんね。 フォーチュンクッキーなんか世界中で愛されてますよ? JKTの英語版やSNHの中国語版と聞き比べて見ると、同じ曲なのに違う感じに聞こえてくるんですよねぇ~。 不思議なもんです。




プロフィール

nana3級

Author:nana3級
40代、普通の会社員です。地方中核都市に住んでます。出張で年に何回かタイやベトナム、カンボジアへ行ってます。好奇心旺盛、ついでに性欲も旺盛の40代オヤジの珍道中!何が起こるか乞うご期待!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。