スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと思う事。 ①

ある日、ある時、バンコクで


 私は地方に在住しているので、バンコクへ行く時にはいつも 成田 経由で向います。 私の住んでいる所から直行便が有ると良いのですが、未だにそんな 気配 すら有りません。。 福岡や大阪がうらやましいです。 そんな中、今日も朝早くに家を出て、車で一路地方空港へ・・・。

  30分程で空港に到着。 車を空港駐車場に停めて、係の人に車のカギを渡して、いつもの様に名前や帰国日等を告げてマイクロバスで空港まで送ってもらいます。 搭乗手続き後、国内線出発ロビーで少し待って成田便に搭乗。 成田便はよほどの事が無いと運休しないので、とても便利です。

 成田に到着するとバスに乗り換えて第一ターミナルへ。 到着後、入り口の自動ドアを入ると、目の前にはガラスで仕切られた国内線の出発ロビーが見えます。 帰りはいつもこの出発ロビーから自宅の在る地方都市へ出発しますので、行きにここを見るたびに、「あ~、今は行きだから良いけど、今回帰国の時にこのロビーに着いた時にはどんな気持ちなのかなぁ~?」って、行く前から少し ブルー になります。 帰りっていつも「楽しかったなぁ~!」では無くて、「あ~、もう現実の世界に引き戻されるのかぁ。 今度はいつ来れるのかなぁ~?」と、とても残念な気分に陥ってしまい、このロビーで結構落ち込んで沈んだ顔をしています。 どうせまたすぐ、遅くても2~3ヶ月後には行くのに、です。 でも、そんな2~3ヶ月でも待ち遠しいんですよねぇ~。

 でもこの国内線出発ロビー、唯一の楽しみが有ります。 それは” そば を食べる事”です。 少々高いのですが、今までずっとタイ料理やカンボジア料理を食べてきたので、とても日本のそばがおいしく感じられるのです。 もちろん現地でも日本料理を食べますが、いや、実際にはかなりの確立で居酒屋等で食べますが、やはり帰国時に食べるここのそばは外せません。

 第一ターミナルに到着後、そこから2階に上がって国際線乗り換え口に向いますが、私は以前、ここで 大失態 を犯した事があります。 聞けばそれ程でも無いんでしょうが、空港職員に言わせると「 初めて 」の出来事!だそうです。

 その日私は普通にボディーチェックと手荷物検査を終えて、パスポート片手に出国審査へと向かいました。 誰も並んでいなかったのでとてもスムーズに出国審査を終えて、晴れて広々とした成田空港国際線出発ロビーに入りました。 私はこの瞬間がとても好きです。 「あ~、これからやっと出発だぁ~。 楽しみだなぁ~。 今回はどんな出会いがあるんだろう? いつものあの嬢達にもいっぱい会えるなぁ~。 とにかく楽しみ~。」ってな感じで、 開放感 満タンです。

 その後私はトイレに行きたくなり近くのトイレに入りました。  んが 、そこで私は "はた" と気付きます。 「あれ? さっきまで手に持っていたビニール袋がないぞ?」。 そぉ~なんです。 バスから降りた時には持っていたビニール袋が見当たらないんですよねぇ~。 このビニール袋には、嬢に渡す為の プレゼント が入っていたので、この時は結構焦りました。

 私は自分の行動をよくよく思い返して見ると・・・、手荷物検査のエックス線照射の後ビニール袋を持って来て無かった事に気付きました。 自分のベルトを締めたり財布や携帯等をポケットにしまう事に気を取られて、すっかり自分が持って来た手荷物を忘れていたんですねぇ。

 私は慌てて今来た道を戻り、さっき私が通って来た自動ドア前までやって来たのですが、この自動ドア、一方通行で、反対側からは入れない様な仕組みになっていたんですねぇ~。

 私がそんなこんなで悩んでいた時、自動ドアがすっと開き、中から人が出て来ました。 私は「今だっ!!」とその自動ドアから入りました。 空港の安全面からはかなり問題のある行動だったかも知れませんが、自動ドアをまだ出ていなかった事にしてさっき私のパスポートを見てくれた人に事情を話してみました。

 すると、 頑丈 そうな強化プラスチックの囲いの中で座っていた係の人は、その重そうな腰を上げて外に出て来てくれました。 パスポートのハンコを押す人がそこから出て来るって、すごく違和感が有ったのを覚えています。

 すると係の人は私にパスポートコントロールの中に入らない様に指示をしてから手荷物検査の人に話しをしに行きました。 少し離れた場所に居た私は少しドキドキしながら事の流れを見守っておりました。

 手荷物検査の人の身振りで、”あ~判った!”みたいな反応をした後、エックス線照射マシンの下から私の 見慣れた ビニール袋を出してパスポートハンコ押し係の人に渡すのが見えました。

 私はホッとして係りの人がこっちに来るのを待ちました。 係りの人は、「パスポートコントロールを越えてからの手荷物の忘れ物は初めてですよ。」と言いながら私にビニール袋を手渡してくれました。 私は恥ずかしいやら他の人の視線が気になるやらで、一刻も早くその場を立ち去りたい心境でした。

 無事に嬢へのプレゼントが入ったビニール袋も入手し、これからやっと出発です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】



 AKB48ってすごい人気ですよねぇ~。 私は大好きです。 あんなにカワイイ娘達がそばにいたらすっごい”ドキドキ”しますよねぇ~。 でもでも、世の中って不思議なもので、AKBが"嫌い"な人もいるんですよねぇ~。 ネットを斜め読みしていると、必ずと言っていいほどAKBの話題に"ケチ"を付ける、いわゆる"アンチAKB"とやらが居るんですねぇ~。 ひどい言葉を並べて口汚く罵るって、私には考えられませ~ん。 何が気に入らないんでしょうかね? 全く理解出来ませんね。 フォーチュンクッキーなんか世界中で愛されてますよ? JKTの英語版やSNHの中国語版と聞き比べて見ると、同じ曲なのに違う感じに聞こえてくるんですよねぇ~。 不思議なもんです。




スポンサーサイト

事の始まり。

皆さん こんばんは。

nana3級です。


今日は、そもそも何で私がバンコクへ行き始めたのか、と言うお話しをさせて頂きたいと思います。

私が一番最初にバンコクへ降り立ったのは、かれこれもう10年以上前のあの日でした。

当時はまだスワンナプーム空港が開港しておらず、関空発ーソウル経由の大韓航空機で
ドンムアン空港に降り立ちました。

仕事の視察を兼ねての訪タイで、ほんの3日間だけの滞在でした。

初めてのバンコク、夕方着、熱帯地方特有の暑さ、空気の香り、ゆるい時間、「あ~、南国に来たんだ~。」と言う実感が身を包みました。

そんな実感も束の間、一人なので、空港を出てスクンビットにあるホテルにチェックインするまでは結構、生きた心地のしない時間帯でした。

基本、今でもそうですが、タクシーの運転の荒さには本当に閉口しました。タクシーネタはまだまだいっぱいあるので、後々に取っておきますが、とにかく本当に日本では考えられない運転でした。

ホテルの部屋にチェックインした時には心底ホッとしたものです。

ただ、事前の情報でバンコクは治安が悪いと聞いていたので(今は違いますが・・・)、カギをしっかり掛けて1日目の夕食はルームサービスを取って翌日に備えました。

エアコンをかけずに寝たのですが、夜中にどうも寝苦しくて目が覚め、エアコンの温度を28℃、風量弱に設定して再度寝ました。

日本だとここでタオルを濡らして湿度を確保するのですが、ここは高温多湿のバンコクですので濡れタオルは止めました。

車通りの多いスクンビット通りに面したホテルだったのですが、窓から下の通りを見て、唖然・・・・


つづく


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【閑話休題】


ブログって、書く前は「あれも書こう、これも書こう!」と思っているのですが、いざ、実際に文章に落として見ると、なかなか思う様には進まないものなんですねぇ。

「書く側」ってこんなに大変なんですね。言葉を選ぶし、何回も読み返して、それでも「これでヨシ!」って言うレベルにはなかなかならないし・・・。

やはり立場が変わるとこうも違うんですね。読む側の「気楽さ」とは大違い!

でも、自分の文章を読んでもらってコメントまでもらうなんて、「書き甲斐」が有りますね。

この初心を忘れる事無く、頑張って、とにかく書けるところまで書いて行こう、今はそう感じてます。

後から読み返してみたら「こんな時も有ったなぁ~。」なんて思える日が来るのかも知れませんね。


nana3級

祝!! ブログを始める事としました!!

皆様 初めまして。nana3級と申します。

このたび、縁が有りましてブログを始める事になりました。

読んでみれば別にそんなに面白くも無いブログかも知れませんが、
気長にお付き合いを頂けると嬉しいです。

このバンコク関係のブログだけでもかなりの数が有りますから、これから私が
書く内容も既に皆様どこかで見た事が有る内容かも知れません。

ただ、私自身が駆け出しの頃にいろんなブログを見ていて感じた事は
「分かる人には判るんだろうけど、ファランって何だ?Gダイって?」みたいな、
先を行っている先人達に追いつけない感が有ったのを覚えています。

ですので、このブログでは私自身が今まで経験してきた実体験を元にブログを書いて
行きたいと思いますので、初めて訪タイする、まったくの初心者の方が最初から読み
進んで頂ければそれなりに何となくバンコクの感じが掴めるのではないかと思います。

もちろん私自身もまだまだ知らない事だらけですので、皆様からの情報も
お待ちしております。※オフ会なんかバンコクで開けたら嬉しいですね。

それでは明日からスタートします→【ナナプラザ】ってどこにあるの!?

何でこのタイトルなんだ?パッポンは無いのか?なんでnana3級なんだ?
いつか1級になるのか?等々、いろいろな疑問もお持ちかとは思いますが、
この辺の部分も追って書いて行きたいと思いますので、何はともあれ今後とも
ご愛顧の程よろしくお願い申し上げますm(__)m。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(閑話休題)

鴨葱さ~ん、ついに始めてしまいましたよ~。

年が明けて落ち着いたら書こうと決めてましたが、ついに書き始めてしまいました。

手掛けたからにはナウシカに出てくるオームの様に、怒涛の如く前に進んで行かなければ!


皆様、この方が今回私をブログ作成へと導いてくれた方です。
そのブログがこちら↓。
鴨が葱しょってBKK

鴨葱さん、kazuさん、ともぞうさん、皆さん、よろしければこちらも除いて・・・いや覗いて下さいませ。
皆様方からのビシバシと厳しいご指導を賜ればと思いますのでよろしくお願い致します。


nana3級





プロフィール

nana3級

Author:nana3級
40代、普通の会社員です。地方中核都市に住んでます。出張で年に何回かタイやベトナム、カンボジアへ行ってます。好奇心旺盛、ついでに性欲も旺盛の40代オヤジの珍道中!何が起こるか乞うご期待!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。